梅雨時なのに、今年は雨が少ないなぁなどと思っていると、恵みの雨が降ってきました。

自転車に乗れない天気の日は「自転車のメンテナンス日」と決めて、お手入れをするのもアリですね。整備不良によるトラブルを減らすことにも繋がります。

今回のお題は「チェーンとスプロケットの掃除」です。

専用の道具やスプロケット外し用の工具があればベストですが、無くてもできちゃいます。身近にあるもので代用できてしかも効果は高いですよ。

「用意するもの」

1.使い古しの歯ブラシ2本

2.市販の洗浄剤(生分解性のものは環境にやさしい!)

3.ウエス(または汚れても良い古いタオルやTシャツ)

4.市販のチェーンオイル

「やり方」

1.まず使い古しの歯ブラシを向かい合わせにし、ガムテープ等で柄を固定します。

2.洗浄剤をブラシに染みこませ、チェーンを挟み込んでゆっくり一コマずつ磨きます。

407c0974d2b027de45ff613bdda87083_de45b3cf652d1cfe690347f28a515582

3.汚れた洗浄剤をウエス等で拭き取り、上記手順を繰り返します。

※手っ取り早くやるには、歯ブラシをウエス等で包み込み、ペダルを回転させつつ一気に磨きます。

52b9be2f02fc1480ffb07bc05bd25f86_0dce59839fef37022e620f3e8f50a1b2

4.全体が綺麗になったらもう一度しっかり拭き取り、仕上げに一コマずつ注油をします。

歯ブラシは毛先が細いので、チェーンの隙間汚れを掻き出してくれます!その際、汚れた洗浄剤が飛び散らないように注意しましょう。

これでチェーンは綺麗さっぱりです。続いてはスプロケット。

「用意するもの」

1.市販の洗浄剤(生分解性のものは環境にやさしい!)

2.ウエス(または汚れても良い古いタオルやTシャツ)

用意するものが被ってますね。なのでチェーンと同時にできます。

「やり方」

1.スプロケット全体に洗浄剤を吹きかけて汚れを浮かせます。液だれするので注意。

2.ギアの歯と歯の間にウエス等を差し込み、這わせるようにして拭き取ります。

ea022db2e0b3581abcdfd57fd8a8556f_d9d93a57b9c207462e0e7207214f9620

ウエスって購入すると結構いい値段がするので、使わなくなったタオルやTシャツを再利用する方法がオススメです。Tシャツは袖口や襟の固い部分だけを紐状に切っておくと便利。

「雨で乗れない!」なんて憂鬱にはならず、愛車をお手入れしてピカピカにしてあげましょう。晴れた日により一層楽しくライドできますよ♪

By Mercy